腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 外壁塗装と愛知県

リフォーム

外壁塗装と愛知県

愛知県は太平洋岸気候区に属し、暖候期には高温で多雨な場所、また寒候期に小雨で乾燥しやすいという特徴があります。

渥美半島や知多半島の南部は熊野灘や遠州灘を流れる黒潮の影響をうけて温暖な気候です。また三河の山間部はやや内陸性を帯びて、冬は厳しい冷え込みとなります。

南側は太平洋に面し、低気圧が通過する時は南海上から暖かく湿った空気が入りやすくなりますので、梅雨期、台風が接近している時期には大雨になることもあります。

愛知県で住宅をお持ちの方は、特に雨による水漏れや寒さによる塩害などに気をつけなければなりません。外壁塗装の状態チェックには様々な方法がありますが、ほとんどは自分でも確認することができます。

まず色の変化、つまり退色や変色についてですが、日当たりのよい場所を見ると、外壁塗装をしたときの色が変色してしまっている場合があります。主に太陽光線に含まれる紫外線の影響を受けて、外壁塗装に使われた顔料が劣化してしまうのです。

また、外壁塗装の塗膜を手で軽くこすってみた場合、白い粉がつくことがあります。これをチョーキング、あるいは白亜化などと呼び、紫外線や水などが影響し、塗料の中に含まれている樹脂が粉状になってしまう現象です。

カビももちろん大敵です。外壁が緑っぽい色で覆われて気持ちもよくない、という場合はほとんどがこのカビが発生しています。

外壁塗装が劣化してくると、保水性が高くなり、緑色の藻が繁殖してしまう場合もあります。黒かびは、藻の死骸を栄養分とし、連鎖してきます。

外壁塗装の塗膜の剥がれや膨れ上がりも注意が必要です。これは外壁塗装の劣化が急に進行する危険信号です。塗料の中にある塗膜をつなぎとめている樹脂が劣化し、チョーキングなどの劣化が進んでくるとよく起こります。

雨水が怖いのが、ひび割れた状態の外壁です。水を長い間保つと、外壁の内部の素材へも大きく影響してきます。
信頼できる業者はたくさんありますが、専門性があって、施工も問題なくできるところを選ぶためには、ある程度の知識が必要です。