腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 運動不足と病気について

運動不足と病気について

運動不足が続くと、それだけでさまざまな病気を併発させます。主に一般的に知られているものとして、成人病として、糖尿病、痛風、心臓病、脳卒中などのリスクを高めるとされています。

そのほか、がんなどのリスクも必然的に高くなってしまいます。

本人は運動不足を解消しようと思っても、なかなか実際には解消するための手段を持っていないために、慢性的になってしまうことが考えられます。

改善のためには、意識して生活に取り入れるようにすることで、運動不足が少しは緩和されます。また、休日や休憩時間などを活用して、手軽にできる運動をするようになれば、運動不足の傾向が少なくなるといえるでしょう。

ですが、一般的にそのようなことができる機会がどうしても少なくなってしまうため、運動不足が多くなってしまっているのが、現代の日本のビジネスマン全体の傾向となっており、メタボリックシンドロームなども多くなっていることが指摘されています。

著書「脳内革命」などでは、無理にストレスをかかえるよりは、多少の不健康のほうが人間にとってよいとされていますが、運動不足からする体調不良によってのストレスも長期的にみると無視できないものでしょう。

自分では意識していませんが、そのような傾向が続くと、さらに体調を悪化させてしまうようなことがあります。自分でどういう体調管理をするのがよいのか、まずは日々の生活を見直すようにすることで、ある程度、改善ができるようになるということがいえます。

自分で生活を見直すようにすることを、忘れないで改善できるなことから、少しづつでも取り組むようにしておくことが、非常に大切な視点であることは、まちがいないことです。

生活について、どういう選択肢があるのか、じっくりと考えながら、運動不足と向き合うようにすることがよいでしょう。