腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 資金調達について

資金調達について

リノベーションの資金を考えるときに、中古物件を購入してリノベーションするのと、リノベーション済みの中古物件を買う場合と大きく2つに分かれるでしょう。

リノベーション済みの中古物件は、普通の中古物件を買うのと同じ動きになりますので、特に説明する必要はないと思われます。

自己資金はいくらで、住宅ローンはいくらまで借りることが出来るのかを計算し、どのくらいの予算までの物件を購入できるのか、をまず検討します。

ここで重要なのはリノベーション費用も予算として概算で見積もっておくことです。リノベーション費用見積比較ナビなどで業者を決めたら、早めに見積もりを提出してもらいましょう。

結果的に物件価格+諸費用+リノベーション費用が総費用となります。リノベーションの見積もりについては、大きく変動しますので、納得のいく価格になるまで交渉してください。

現金払いができればよいですが、通常はローンを組むことになります。ここで住宅ローンを組めるか、リフォームローンを組めるかで金利にかなりの差がでますので注意してください。運よく住宅ローンと一体してリノベーションのローンが組めるときは、是非利用しましょう。

銀行等の住宅ローンの審査が通らなかった場合は、信販会社のリフォームローンが通りやすいのでそちらを利用するしかないとは思いますが、返済計画には十分注意してください。

親切な業者であれば住宅ローンとリフォームローンを一体化してローンを組んでくれます。できれば、そういった融通の利く業者を見つけて、うまく金利を下げることと無理のない返済計画を立てられるよう応援してもらいましょう。

また、返済時には、ボーナス返済等もありますが、ボーナスは業績によって変動することが多いです。できましたら、ボーナス返済は利用せずに、毎月同一金額を返済することを選択してください。

最後にリノベーション資金で補助金を利用できる場合があります。太陽光発電や雨水貯水槽などの設置において、要件が合致していれば、補助金を利用できることがありますので、詳しい業者を探してみましょう。