腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 体操で症状を治す

体操で症状を治す

変形性膝関節症で歩くことができないのに、体を動かすというのは、どういうことでしょうか?

変形性膝関節症の痛みがあれば、歩いたり、走ったり、座ったりすることも難しいわけですが、変形性膝関節症治療に膝を使うストレッチが有効になります。


しかしながら、変形性膝関節症の場合、膝に過度の負担がかかるようなストレッチを行うとかえって逆効果になります。上手なストレッチの方法としては、少しずつ負荷を上げていくようにすることと、膝のどの部分が弱点なのかをよく考慮したうえで、人それぞれの膝の使い方によって、向いている体操をすれば、劇的に効果があがります。

それと体操だけでなく、薬物や生活習慣の改善による治療法も併せて行うことで、さらに効果があがります。運動療法は、継続的に行っていくことが大事です。変形性膝関節症になるならないに関わらずこのことは重要です。

リハビリは、続けて行うことで少しずつ効果を上げるものだと言えます。また、膝を支える太ももの筋肉を強化し、筋力をつけることで膝も同時に守られよくなっていきます。

膝が悪いとやっかいな問題です。痛みや腫れもひどくなることもありますが、膝を使うということは、避けられない運動です。変形性膝関節症を治したければ、膝を使えというごく普通の運動を行いましょう。

始める前は体をやわらかくし、体操しやすい体の準備を整えます。そして、全身をあたため体を動かしても怪我をしにくくします。後のストレッチは、いわゆるクールダウンという意味もありますし、よく動かした筋肉や膝の部分は、少しずつ拡張させていくことが大切です。ですから、終了後のストレッチも重要なのです。

さて、体操は誰でもできるような簡単なものが多いです。しかし、変形性膝関節症を患っている人にとっては、大変な運動です。

仰向けになって片膝を立て、反対側の脚を上げます。この体操を左右10回ほど繰り返します。また、椅子に座ってする場合には、片膝を前にゆっくりと伸ばし、数秒間止めてからゆっくりと降ろします。このような簡単な運動を毎日継続して行ってください。