腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » ヘルニアで起こる痛み

ヘルニアで起こる痛み

腰のヘルニアには色々な症状が付きまといます。出現する症状としては腰痛や腰のしびれなどがあります。また、腰の部位に重たるさを感じたりする場合もありますが、特に腰周りの筋肉が弱っていると、重い感じが続くことが多くなります。


腰痛やしびれは筋肉疲労が原因である場合が多く、スポーツ選手などに顕著です。腰痛やしびれは、曲げたり捻ったりすることで大きくなることが常ですが、病状によってその曲げる方向や捻り方も違ってきます。

大きく分けると前かがみなると痛むケースと、反ることで痛むケースに分けられます。腰椎の椎間板ヘルニアには発症する可能性のある部位が5つありますが、そのうち最も多いのは、第四番目と五番目の腰椎の間の椎間板です。

この部位は体重の重さや動作時のクッションとしての負荷が最も頻繁に現れる部位です。すべり症などでもこの部位が最も多いと言われています。

腰痛がある、と言う場合、その腰痛がまだ軽いものであるならば、できるだけ早く病院で検査を受けることが大切です。軽い場合でもすでに現れているというケースは多く、早期に治療を開始すれば、早い分だけ治療に要する時間も短くなってきます。

レントゲンでも腰椎同士の間のスペースが狭くなっていることなどから推察され、また、MRIを撮影すれば鮮明に見ることができます。小さいものでも、そのまま負荷をかけ続ければ、たちまちのうちに巨大化してしまうことも充分に考えられます。

このような場合、腰痛など腰まわりの症状の他に坐骨神経痛の症状が起こるのが常です。この坐骨神経痛も、もともとは腰部でのヘルニアによる神経の圧迫が原因となって出現します。

そして足の症状が悪くなると、感覚障害になったり、排尿障害になってしまうケースもあります。手術を受けるとまず足を最初にリハビリすべき、というくらいに足の衰えは重大化してきます。