腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 運動で改善させる

運動で改善させる

五十肩では運動療法が持つ役目がとても大きいと言われています。これは、五十肩の特徴である肩関節の癒着を解消するためでもあり、また五十肩の発症期が過ぎてしまってからの可動域の復帰をより確実でしっかりとしたものにするためでもあります。

また、大切であるからといってただ闇雲に行うと、症状を悪化させてしまわないとも限りませんので、要するに、無理をしない、ことも大切になってきます。

テレビ番組でもしばしば登場する有名なのが、ひじまる体操法です。五十肩の名医が開発したリハビリ法で、そしてまたリンパの流れをよくすることから、ダイエット法としても広く用いられています。

ひじまるの方法は簡単に言うと手をぐるぐると回すだけです。しかし、自分の襟首を掴むという動作に大きな特徴があります。襟首をつかんだまま腕を回すことで、肘が高く上がってより大きな円を描くことができるようになります。

ひじまるは痛みが強い場合は無理ができませんので、できる範囲で行うのが理想です。また一般に急性期には運動療法は適していない、とよく言われますが、実際には多くの方が、急性期に関わらずできるだけ早期から運動療法をしたほうがいいと言います。

必要以上に方をこわばらせないためにも必要な治療法です。またごく簡単な方法を用いる方は少なくありません。

稼動域を広げるためではなく、関節がそれ以上固まるのを防ぐため、というレベルで使用するのが、始めのうちは理想と言えます。

その他にはバランスボールを使用した体操法もお勧めです。痛みの解消、そして身体をほぐすためにも有用です。例えばバランスボールに背中から乗ってベンチプレスのような格好になり、そのまま体重で背中をゆすります。

肩、そして背中が硬いという場合、バキバキと骨が鳴ってほぐれてくると思います。また次はボールの上でうつ伏せになって、水泳のクロールをしてみるのもよいですが、肩の痛みが出やすい方法ですので、実際の泳法よりも崩れたスタイルで構いません。