腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 手術方法について

手術方法について

脊柱管狭窄症には、様々な治療方法があります。一般的なものと言えば、保存療法といって薬物療法や器具療法、神経ブロック療法や運動療法があります。

それらの保存療法でも脊柱管狭窄症に効果が現れなかったり、排泄障害などの重度の障害があらわれたりと症状が悪化していくと、手術を考えていかなくてはなりません。

しかし手術ときくとリスクもそれなりにともなってきます。ですから、多くの方は手術されることを躊躇われてしまう事も少なくないようです。

では、脊柱管狭窄症の手術方法としては、どんなものがあるのでしょうか?手術は、痛みの原因によって異なってきます。例えば、狭窄を起こしている脊柱管を広げて、圧迫されている神経やわらげる除圧術と言われる方法があります。

この除圧術は、痛みとなる原因がどの部分やどの位の範囲など状態によって、開窓術というのと椎弓切除術というのに分かれます。どちらも狭窄した脊柱管を広げるために、椎弓を切除するのですが、その範囲や取りのぞき方の違いで術名が変わってきます。

しかし、脊柱管狭窄症の手術の完治率は5%にも満たないのが現実です。手術をした95%の方は半年以内に再発しています。医師もそれを分かっているので、必ず内容書面に同意してもらった上で執刀します。

それだけ、完治が難しいものなのです。ですが、放っておけば脊柱管狭窄症の症状はどんどん悪化してしまうことがありますので、決断の部分として難しいところがあります。

ですが、脊柱管狭窄症の再発をしても今の症状から解放されるのであればそれでいい、と思っている方も多く手術に踏み切る方が多いのも現実です。その点を理解した上で、担当医師と納得いくまで話し合ってから、踏み切るようにした方が良いかと思います。