腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » リンパ浮腫の改善法

リンパ浮腫の改善法

皆さんはリンパ浮腫という病気をご存知でしょうか。この病気は乳がんや子宮がんの治療によって骨盤内の手術を行ったり、リンパ管が何らかの理由で圧迫されて狭まった時などに発症する病気で、片側の脚がひどくむくんでしまいます。

そのむくみ方は普通のものとは一線を画すレベルで、むくんでいない脚と比較すると倍近く脚が太く見えるくらいにむくんでしまうこともあります。

この症状を改善させるには病気の早期発見とフットケアが何よりも重要です。これを治療するためのフットケアは主に滞っている流れを正常なものに近づける事が重要になってきます。

症状が軽いうちはマッサージや代謝機能を圧迫させるための軽いトレーニングを中心としたフットケアを続け、入浴や衣服の着用によって患部を温めるなどしてさらにむくみが解消されるようにしていきます。

普通のむくみの解消法フットケアとそれほど変わらないので、やり方さえ教えてもらえれば自分でもフットケアを行なえるので、病院での治療と自分でのフットケアを合わせて行なうようにすれば早くむくみを解消させる事が出来るでしょう。

ただのむくみならわざわざ病院に行かなくてもどうにかなりそうですが、普通とはその程度が大きく異なり、症状が重くなると脚に様々な変化が表れます。

流れが悪くなるとリンパ管からたんぱく質が脚に漏れ出してきてセルライトを作り出します。それが続くと皮膚の硬さがどんどん増して象皮病と呼ばれる状態になります。

そうなると手術以外では治療できなくなることもあるのでそうなる前に治療を開始するようにしましょう。

この病は異常が起きた後しばらく経ってから発症することも多く、以前骨盤に係わるような手術をした事があるという方は注意が必要です。

また女性がなることが多いともいわれていますが、男性の患者がいないというわけでも無いので油断は禁物です。ひどいむくみが出て困っているという方は一度病院で本格的な検査を受けて早期治療を行えるように気を配りましょう。