腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 腰痛とサッカー

サッカーとの関係性

サッカーは野球と並んで、子供に人気のスポーツのひとつです。しかしこれを始めてから腰を痛めたという子供の話を良く聞きます。

これにはもちろん明確な原因があります。このスポーツはボールを蹴る動作が多いです。そしてボールを蹴るためには足を思い切り後ろに振り上げる必要があります。

この際、しっかりとした柔軟性のある筋肉がないと、足を後ろに上げることが出来ず、そのフォローで大きく腰を反ることになってしまいます。ヘディングは言うまでもなく、腰を反って勢いをつけることが必須です。

このようにボールを蹴ることは足だけでなく、実は大変に腰を酷使する動作でもあるのです。そのため、正しく鍛えていないと無理が溜まって、痛めてしまうのです。

ではこのような症状を防ぐにはどのようにすればいいのでしょうか。最も良いのは、チームにそういった知識を持つプロのトレーナーがいることでしょう。

とはいえ、スポーツに力を入れている強豪校や強さを求めるチームであればともかく、一般的な学校では教師が監督も兼ねているなどということがほとんどです。地域の少年チームでも、プロのトレーナーなんてついていないということは多いです。

子供の指導については教師はプロでありますが、ストレッチなどの身体部分のケアについては専門的な知識は望めません。そういった時には、足りないケアは親がフォローしてあげる必要があるでしょう。

症状が出た時に、まずはコルセットやサポーターをして安静にと考える人が多いです。医者に行っても、そのように言われることは多いですが、痛みを和らげるのには確かに重要なのですが、やりすぎてはいけません。

がっちり固定してしまうと筋肉を動かすことがなくなり、筋肉が弱ってしまうため、かえって症状が悪化します。

痛みが酷くなりすぎないようサポーターなどで適度にフォローしながら、安静にするのではなく必要なストレッチを行い積極的に動かして、腰を支える筋肉をしっかりと強化するのが対策のポイントです。