腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 柔軟について

柔軟について

「ストレッチ」といえば、ダイエットに効果があるなど、最近注目を集めていますが、具体的にはどのようなことを行えば効果があるのでしょうか。ここでは、一般的に行われている方法について、説明していきたいと思います。

それらしいセリフを言ってみましたが、実はそれほど難しいことをやっているというわけではなく、いわゆる「柔軟体操」としてなさんがイメージするもの考えてもらえばいいです。

ストレッチは普段の生活ではあまり使われない筋肉を動かすことを目的としています。筋肉というものは長期間使わないでいると、その柔軟性が失われてしまいます。

そうやって硬くなってしまった筋肉の柔軟性を取り戻すことは難しく、普段から実践することが求められます。そのようにして、動きが活発になれば、それにともなって新陳代謝が向上します。

それによって、老廃物の排出を促すことにもつながり、デトックス効果が生まれます。さて、先にも説明したとおり、多くの「ストレッチ」は、日常的な動作においてあまり使用されない筋肉をほぐすことを目的としています。

そうすることで血液の循環を促進させながら各部のむくみやだるさを解消していきます。ただし、「ストレッチ」や「中川式ストレッチベンチ」は、日頃から行わなければ効果は出ません。

日常生活で使われにくい筋肉を柔軟にすることを目的としているのですから、「ストレッチ」は日常的に行わなければ意味が無いのです。

また、人間の筋肉は、動かさなければ固まってしまいます。そして、一度固まってしまったものは、元のような柔軟さを戻すことが容易ではありません。

さらに、一箇所固まってしまうと、関連する他の筋肉も可動が制限されてしまい、そこからさらに悪影響が発生する原因にもなってしまいます。もしダイエットを目指すのであれば、長期戦を覚悟しましょう。