腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 推拿という療法について

推拿という療法について

推拿、すいなとは、中国に古くから伝わる伝統的な手技療法です。全身のツボや筋肉をソフトに刺激し、気や血、そして水の流れを改善します。

また日本でもこの技法をベースにした整体を施すところが多く存在します。推拿は中国では病院でも活用されています。

外科や内科を問わず、また中国のオリンピック候補生のパフォーマンスアップにも用いられ、その実力は現代でも相当に高いことが立証されています。

もちろん骨をボキボキと鳴らしたり、筋肉を強い力で押すことはありません。100種類を越える手技があり、患者さんそれぞれに最適な圧力をかけていきます。

病院に専門の科がある場合も多く、糖尿病やアトピーなどの西洋医学では苦手分野と言われるカテゴリーにも対応しています。

この整体によって、一回の施術だけでもかなりの効果があります。日頃から疲れている心身を癒し、また痛みがあれば軽減させ、予防法や運動法などについてのアドバイスも受けられます。

肩凝りや腰痛、ぎっくり腰や五十肩、片頭痛や不眠症などの代表的な生活習慣病にも効果が期待できます。また女性特有の悩みとしては生理痛、生理不順、不妊症にもよい治療法です。

整体を学ぶための専門の学校でもこれは科目に取り入れられています。一指禅推法やこん法、揉法や摩法、擦法や推法など、様々な手技を学ぶことによって、整体の手技の基礎の感覚を養うことができます。

手技療法の基本は、軟部組織への手技と骨や関節への手技とに分かれますが、推拿ではこのどちらもカバーします。つまりたくさんある手技のうちの長所を多く取り入れた治療法と言えます。

またこのことで数ある手技療法の中でも特に適応症が多く、たくさんの疾患をカバーしています。中国の病院でも外来、入院を問わずに多くの実績があります。

整形外科、内科や、婦人科、小児科などでも応用されていますので、整体を選ぶのであればまずこの分野が得意なところにポイントを置くのがよい方法です。