腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症は脊椎や黄色靭帯のなかなか元に戻せない形態変化によって神経が圧迫される症状です。腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴って増加します。つまり老人に多いのが第一の特徴です。

また、生まれつき脊柱管が狭いという方もいらっしゃいます。この場合は椎間関節や黄色靭帯の変性肥大、椎間板の膨隆などが発症して、神経が圧迫を受け、40歳代の若さで腰部脊柱管狭窄症を発症する場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症の主な症状として、両側性の間欠性跛行があります。間欠性跛行では歩いているうちに下肢が痛んで正常な姿勢では歩くことが出来なくなり、またしばらく休息を取ると何事もなかったように歩くことができるようになる、という症状が繰り替えされます。

また坐骨神経痛もあります。臀部や足などへの放散痛が起こり、刺激を受けた部位からその周囲に痛みが放散されます。また坐骨神経痛の場合は臀部や太股、膝、足首、足の甲までしびれをきたすのが常です。

病院での診断で大切なのは、下肢の症状の有無、つまり姿勢の悪化や長い歩行によって悪化するかどうかです。腰部脊柱管狭窄症との鑑別を要する代表的な疾患として、下肢の末梢動脈閉塞症などがありますが、腰の姿勢と症状の関連性はほぼありません。

その他にはレントゲンやMRI、CT、脊髄造影などがあります。これらの検査方法によって、腰部脊柱管狭窄症のどのようなタイプか、また原因は何かなど、多角的な分析をし、障害を起こしている神経を見極めることになります。

特にMRIは腰部脊柱管狭窄症に大切な診断方法です。被爆もなく、安全ですが、閉所恐怖症の方はなかなか検査を受けることができないというデメリットもあります。

また、腰部脊柱管狭窄症の手術法として主なものに、MD法があります。皮膚切開は1.5センチ程度で、出血量は多くて10cc程度です。

手術時間はおよそ30分、術後は早期から歩行訓練をし、2週間程度で退院できます。また退院後はほとんど鎮痛が不要で、高齢者の方にも勧めやすい手術法です。リハビリを十分に行い、日常生活を早期に立て直すことが大切です。