腰痛や肩こりが中学生に多い原因.COM » 腰椎分離症

すべり症・分離症

腰椎分離症

腰椎分離症とは、腰椎に多く見られるものです。また、その中でも分離症とすべり症がもっとも多く、腰椎分離症は脊間関節の骨が切れてしまいますが、原因の多くは曲げ伸ばしなどの腰の過度の使用によって、骨が切れてしまう疲労骨折であるという説が多いようです。

腰椎分離症は骨がまだ成熟していない思春期に、スポーツを過度にするなどが原因である場合も多いようです。

そして、すべり症のほうは椎骨がずれてしまいます、これが原因でその進行形である場合と、分離が伴わないもの(変性すべり症、変形すべり症)があります。

椎間板が変形してしまうことが最も原因として多く、そのまま放置しますと腰部脊柱管狭窄症に発展する可能性が高いようです。

腰椎分離症の症状としては、自覚症状が出る可能性は低いようですが、立ったまま長時間仕事をしたり、腰を変な位置に曲げたりした場合に腰の痛みが起こることはあるようです。

骨が痛んだり、また、下肢の痛みやしびれなどにはほとんど至らないようです。すべり症になりますと脊柱管狭窄を起こす場合がもあり、下肢にも痛みが広がってしまうケースは多いようです。

また、ひどくなりますと馬尾になるケースもあります。馬尾は馬尾症候群とも呼ばれ、馬尾の圧迫によって様々な神経症状を伴う症候群です。

治療はまず、保存療法をすることが多く、特に若い方では安静にして様子を見たり、コルセットを装着して部位を固定し生活に不便が無い程度で日常の生活ができるように状態を落ち着かせます。

他にも鎮痛剤や神経ブロックを用いる場合もあります。保存療法を試し、結果として骨がつかない、というケース、または症状が長いケースでは外科的療法で固定することになります。

すべり症でも腰の痛みというような症状の場合は、コルセット装着や鎮痛剤などの保存療法になります。そして下肢の痛みやしびれ、筋力の低下がある、という段になりますと、固定術など手術をすることになります。